賽銭とオーバースロー

年始の明治神宮。いつもは人だかりだけど、今年はさすがに例年の半分以下といった印象。

面白かったのが、賽銭箱と人の距離がものすごい離されていたこと。

賽銭でふつう下手投げで入れるでしょ。

でも、そんなふんわりした投げ方じゃ賽銭箱には絶対に届かない。

結果、みんなオーバースローで賽銭を投じていた。

あんな全力の賽銭投入見たことない。

もはや野球。

賽銭箱と人を離したところで、人と人との距離が離れたわけでもない。

これはもしかすると、賽銭箱への感染防止策だったのではと訝ってしまう。感染防止は神仏への敬意も越えるのだ。

関連記事