生き残りをかけて

おやすみ、ゆるゆるエッセイ04

先日新宿を歩いていたらラーメン屋さんのこんな垂れ幕を発見。

こちらのお店、数年前はこんな暖簾を掲げていた。

このなりふり構わない感じが素敵。

去年の4月ビックカメラに行ったら、1つの階の一角がテレワークコーナーにあっという間に変身していて、何だか胸を打たれたことも思い出した。

どの場所にも、そこで働いている人がいて、その人たちにも家族がいて、そこには一人一人の生活がある。

みんな必死に生きているんだよね。

関連記事