「らしさ」について

おやすみ、ゆるゆるエッセイ02

私たちは、他者に対し「この人はこんな人なんだろうなあ」という想像をしながら生きています。よく知っている人ならなおさら。

だから、その想像から外れると、びっくりしてしまうのです。

磯野に対してもそうで、みんなある一定の人格や生活スタイルを、私に見てとっているんだなあ、と思います。だから、そこから外れると驚かれる。

以下、複数の方に驚かれたものを列挙します。

・Mariko先生の動画でヨガをしている

・たまにお弁当を詰める

・冷え性である

・夏はスカートが好き

・お酒に弱い

・悩みがある

つまりこの逆が複数の方が思う「磯野」であるわけで、これを突き詰めると、小島よしおさんが海パンだった頃に行き着くんじゃないか、と思ってます。

小島いその。

おやすみなさい。

明日のエッセイは「妙にびっくりされる件」です。

関連記事