最終回 016 :ゆるゆるエッセイの裏にあったゆるくないテーマ

16日前に突如初めた「ゆるゆるエッセイ」。
実はその裏には全くゆるくないテーマがありました。

それは、「ルーチーンが苦手な私にルーチーンは可能なのか」

というのも、この弱点をある程度克服しないと大学という後ろ盾のない私は、この後の生活で困るだろうと感じていたからです。

とはいえ、誤字会の活動から推測されるように繰り返しは私の最も苦手なものの一つ。


なので、ブログの内容は簡単に書くことのできるものにし、その上で毎日夜9時に新しいブログがアップされ、9時5分にはTwitterでそれが流れる、という仕組み作りが自分には可能なのかを試しておりました。

結果、しばしばリンクミスなどの失敗はありましたが、(なんとそのミスをすぐにリカバリしてくれたのは誤字会会長のオレンジさん!)2週間という私としては画期的な期間にわたり同じことを続けることができました。

大きな学びは、どうやって繰り返しの仕組みを作っていけばいいのかの勘どころを多少獲得したことです。



ところで昨日、「この2週間で一番読まれたのはなんと目次…」と流しましたが、毎日欠かさず読んでくださっていた方(予測によると10人くらい)もいらっしゃることを私は知っています。

お付き合いくださった皆様ありがとうございました。明日は後書きがアップされます。

関連記事

コメント1件

  • アバター ばんばん より:

    毎回読ませていただいてました!
    会社のPCでGoogle ChromeのPage Monitorに登録していたので
    更新された翌朝、仕事前に読んで仕事モードに切り替えていました。
    ゆるゆるな内容ですぐに読めたので頭をいったん空っぽにするのにちょうどよかったです笑
    ぜひこれからも続けてください!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。